Tagged

Japanese

A collection of 2 posts

What's in a Lockdrop: An Intro (JP)
Japanese

What's in a Lockdrop: An Intro (JP)

インセンティブのアラインメントをとるために、Edgewareネットワークでは、イーサ(Ether)ホルダーヘのエッジレス(EDG)トークンのロックドロップを用いて始められることになるでしょう。ロックドロップは、あるネットワーク上のトークンホルダーが特定の期間彼らのトークンに時限鍵を掛ける場所で起こります。イーサホルダーは、最短3か月から最長1年の間彼らのトークンをロックすることができます。Edgewareトークンをより多くの受け取るには、相当するタイムロック期間が長くなります。

Meet Edgeware (JP)
Japanese

Meet Edgeware (JP)

昨年は、優秀なチームが構築した多くのブロックチェーンやプロトコルの激増が見られました。これら多くのプロジェクトは、そのガバナンスを分散化してオンチェーンへ移動させるために事前通知する意図があります。実際、少数のプロジェクトだけしか、投票システムや比較的金権的なDpoSシステムの代わりに本物のオンチェーン・ガバナンス・システムを持ちません。概して、能動的ガバナンスを中心とする全体的な基準はまだ現れていません。 本来、プロトコルは実例がないオンチェーン・ガバナンスへなかなか動きたがりません。Edgewareは、正規ガバナンスを有する実験専用です。今までにないトークン分配システムで起動することによって、私たちは“インセンティブのあるテストネット”をブートすることができます。 ネットワーク参加者はお互いに投票・委任・資金供給することで拡張性・ガバナンス・開発者の経験など多くのエリアのネットワークを向上することができます。その他のプロジェクトは、Edgewareの機能的なガバナンスプロセスから学んだり借りたりできます。 Edgewareにとって次の段階 Edgewareは、最小限のガバナンス・システムで起動されています。その目標は2つの要素(作業システムを出資者の管理下に置くことで、更なる作業はオンチェーンフィードバックの恩恵を直接得られる)から成ります。当初のガバナンス・システムは、アイデンティ・提案・基金を含むことになります: 識別システムは、ユーザーにGithubハンドルをEdhewareへ反映できるようにしています。誰もが持続性IDを持てるということです。 提案システムは、信号方式提案(拘束力を持たない決議)、出資方式提案、ネットワークアップグレードを含むさまざまな種類の決議上の議論や投票に対応しています。 基金システムは、新たなブロックが作られる度にトークンを累積します。