昨年は、優秀なチームが構築した多くのブロックチェーンやプロトコルの激増が見られました。これら多くのプロジェクトは、そのガバナンスを分散化してオンチェーンへ移動させるために事前通知する意図があります。実際、少数のプロジェクトだけしか、投票システムや比較的金権的なDpoSシステムの代わりに本物のオンチェーン・ガバナンス・システムを持ちません。概して、能動的ガバナンスを中心とする全体的な基準はまだ現れていません。

本来、プロトコルは実例がないオンチェーン・ガバナンスへなかなか動きたがりません。Edgewareは、正規ガバナンスを有する実験専用です。今までにないトークン分配システムで起動することによって、私たちは“インセンティブのあるテストネット”をブートすることができます。

ネットワーク参加者はお互いに投票・委任・資金供給することで拡張性・ガバナンス・開発者の経験など多くのエリアのネットワークを向上することができます。その他のプロジェクトは、Edgewareの機能的なガバナンスプロセスから学んだり借りたりできます。

Edgewareにとって次の段階

Edgewareは、最小限のガバナンス・システムで起動されています。その目標は2つの要素(作業システムを出資者の管理下に置くことで、更なる作業はオンチェーンフィードバックの恩恵を直接得られる)から成ります。当初のガバナンス・システムは、アイデンティ・提案・基金を含むことになります:

  • 識別システムは、ユーザーにGithubハンドルをEdhewareへ反映できるようにしています。誰もが持続性IDを持てるということです。
  • 提案システムは、信号方式提案(拘束力を持たない決議)、出資方式提案ネットワークアップグレードを含むさまざまな種類の決議上の議論や投票に対応しています。
  • 基金システムは、新たなブロックが作られる度にトークンを累積します。

Governance Evolutionに対応する

長きに渡り、ネットワークの進化はコミュニティメンバーと出資者に依存してきました。それをより簡単にするために、Edgewareに対する今後の改善は、簡単かつ実質無料になるようEdgeware上のDAOを作ることに努めることになります。DAOは、さまざまな意思決定プロセス(一人一票、二次投票、専制制など)を使用することができるようになるでしょう。

目標は、Edgewareにとって平行して多種多様なガバナンス・システムを使用する試みとした基盤になることです。新しい投票スキームや参加モデルは、首尾良く実績を出せるならば、他のDAOはそれを導入することを選べます。

Substrate上に構築

Edgewareの基礎は、Parity Substrate(パリティ・サブストレート:Polkadotプロジェクトから派生する新たなブロックチェーン創出のためのフレームワーク)です。Substrate(基盤)は、libp2pネットワーク、WebAssemblyランタイム、PBFTコンセンサスを含む作業ブロックチェーンの開始、並びにノードや出資証明書のバリデータ(承認ツール)を動作させるクライアントにとって必要なほぼすべてのコードを実装します。Edgeware開発に対するエンジニアリングの取り組みは、ガバナンス・システムの構築、Ethereum WebAssembly(EWASM)へコンパイルできるC/C++/Rustスマート・コントラクトを記述する上で入念にテストされたコンパイル・ツールチェーンの製作、Ewasm上で動作するよう既存のEthereum Virtual Machine (EVM)スマート・コントラクトに対してパイプラインからの移植に限られます。

参加する

Edgwareは、能動的管理するスマート・コントラクト・ブロックチェーンであることが明白です。能動的であることが重要です。

誰もが能動的にできること・・・

…ロックドロップに参加できる。ETHをロックすることにより、新たなチェーン上で出資や投票の権利が与えられるEDGトークンを手に入れられる。

・・・カウンシルやガバナンス・システムの決定に参加できる。中心的な開発者、Dapp開発者、エンドユーザー、チェーン・ガバナンスなどの出資者、および別のカウンシルの代理であるボーダー・コミュニティの出資者がいる。

・・・持っているかもしれないスキルや関心を用いてプロトコルを開発できる。彼らの努力に対して、ボーナス的なEDGトークンが補償される – 将来の出資や投票に相当する。

私たちのサイトおよびポジションペーパーからEdgewareの概要を詳しく見ることができます。どのようなご意見も喜んでお受けします。