インセンティブのアラインメントをとるために、Edgewareネットワークでは、イーサ(Ether)ホルダーヘのエッジレス(EDG)トークンのロックドロップを用いて始められることになるでしょう。ロックドロップは、あるネットワーク上のトークンホルダーが特定の期間彼らのトークンに時限鍵を掛ける場所で起こります。イーサホルダーは、最短3か月から最長1年の間彼らのトークンをロックすることができます。Edgewareトークンをより多くの受け取るには、相当するタイムロック期間が長くなります。

インセンティブ・アラインメント

ユーティリティ・ネットワーク者は、ネットワーク参加者に対して経済的刺激をもたらす必要があります。完璧に機能するスマート・コントラクト・チェーンとしての役割を務める上で、Edgewareはアクティブ・ガバナンスの試験場でもあります。ガバナンス機構の経験的結果に関する証拠を集めるには、十分な用途があるネットワークを生み出す必要があります。私たちは、経済的刺激や阻害要因が個人の意思決定に実際インパクトがあるポイントへのネットワークを私たちで作る必要があります。

その上、十分な経験をするために、私たちは活動的な参加者が必要です。コミュニティにいる初期の参加者は始めの配布からノーム生み出すだけでなく、トークン分配に関する今後の方針も創出します。私たちは、買い込まず、結果として生じる人々を見てきました(顕著な例としてMoneroの議論を呼んだ歴史)。私たちは、Edgewareのために保守的な設計における意思決定を避けてイノベーションへ向けた健全な態度を示したく思います。

ロックドロップ

ロックドロップは将来有望な実験です。こちらから現在の実験をご覧いただけます。その実験がEdgewareに理想的なものになる魅力的な特長がいくつかあります:

  • ノンゼロ機会費用:ロックドロップに参加するには、個人がロックドロップ機関にETHの機会費用を抑えることです。これは長期ETHホルダーに対して問題になりません。なぜなら、長期ETHホルダーはエッジレス(EDG)ロックドロップと最も一線を画しているからです。EDGトークンの造幣は、トークンホルダーがEdgeware参加者へ割り当てられるすべての権利に関与できるようにしています – 検証者になるかネットワーク上で提案に投票するか。


  • 下値保護:ロックドロップの終わりに、参加者は2つの生産的なユーティリティ・トークン(ETHやEDG相当)へアクセスできるようになります。Edgewareは新しいチェーンで、悪意のある攻撃やバグを利用した攻撃がある場合、ロックドロップ参加者は彼らのETHをまだ持ち続けられます。


  • 簡単に参加でき幅広く配布:ETHを私たちのロックドロップ・コントラクトへ送金する単一取引は、EDGトークンを獲得できるようにしています。どんなアカウントでもハードウェアまたはソフトウェアのウォレット(例:TrezorやMetamaskなど多数)からこれを実行することができます。さらに言えば、ETHホルダーが参加することもできます。


  • 新しいPoSチェーン上のブートストラップ・セキュリティーEthereumは、初期のクラウドセールやPoWブロックリワードからセキュリティー・リリースを起動します。同様に、Edgewareチェーンの経済的安全性をブートストラップするために、すでに広く販売されたベースになるEthereumを使用することができます。

代わりになるもの:ICO、Airdrop、Mine
私たちがまとまった初期のステークホルダーへ配布トークンのための既存ツールを検証する際、私たちのネットワークに適しているインセンティブの組み合わせがないことに気づきました。ICOは、ネットワークを資金化する目的で保有し、資金調達する処理をして将来のステークホルダーへトークンを配布します。Edgewareは、当初の暗号通貨プロジェクトの思潮により密に同調する手段をまだ構築しているところです。EdgewareにとってICOやプライベート/パブリック・セールは、大部分意味をなしません。ICOに関して、持ち上がった処理は機能するネットワークに対して構築するために使用されます。ロックドロップの間、コントラクト内でロックされたETHは資金調達に使用されません。その上、エンドユーザーや投資家に対するミスアライメント・インセンティブの潜在性だけでなく不確実な進行中の規制も心配の種です。これらの理由に関して、私たちはEdgewareの目的を妥協せざる負えないと思っていました。

その一方、Airdrop(エアドロップ)は、幅広く配布に使用されてきました。エアドロップは、ETHアドレススペースの一部へトークンを送付することによって“顧客を獲得する”費用の掛かる方法です。エアドロップしたトークンはよくスペキュレーターのウォレットに居座り、ERC20という使用不能な金額(ダストという)になるか即売されます。Stellerなどのトークンネットワークは、ユーザーの利用を駆り立てるために次第に大きなエアドロップへ変貌してきています。エアドロップがブロックチェーン時代のAOL CDになるかどうかまだ分かりません。エアドロップはプロジェクトへ向かってスペキュレーターを不相応に駆り立てるかもしれません。

トークン配布のある有望な方法は、Merkle Mine(マークル・マイン)です。このマインは、活動的な参加者が他のアドレスのために採掘できるようにすることによってアドレスへトークンを割り当てるという十分な仕事をします。多くのプロジェクトが、トークン配布のためにマークル・マインを選んでいる場合、ブロックは多くが低価値で大きな取引量で肥大化する恐れがあります。時には、Livepeerマークル・マインが数ヶ月延長した期間でブロックごとにガスを30%費やしました。ロックドロップはすべてのマインを1取引にまとめるという方法で潜在的な外在性を回避できるかもしれません。

私たちの初期配布システムとしてロックドロップを使用することによって、上記の様々なトークン配布システムに関する多くの懸念を払拭することを期待しています。ロックドロップの終わりにあたり、EDGホルダーはEdgewareネットワークへのアクセス権を得ることができます。そこから、EDGホルダーは他のステークホルダーの追加ブロックリワードへ継続的に投票でき、ハイスループットチェーン上で手数料を支払えます。Edgewareのロックドロップが成功だとわかれば、私たちはガバナンスを超えた魅力的な拡張性とプライバシー機能をテストする上で別の“支持されるネットワーク”を立ち上げる可能性があります。